これらの目的地は地理的には近いですが、体験内容は大きく異なります。

1日目 :モシ → マンヤラ湖。

朝の朝食後、モシにあるホテルを出発し、マニヤラ湖国立公園(205km、4時間)にドライブして、野生動物の観察を楽しみ、夕方には公園を出て、ジャンボパブリックキャンプサイト/ンゴロンゴロファームロッジで夕食をとり、一泊します。よく見られる動物は、キリン、シマウマ、ゾウ、ツリークライミングライオン、ヒョウ、イボイノシシ、ハイエナ、バッファロー、ヒヒ、ブルーまたはベルベットモンキー、フラミンゴ、ペリカン、コウノトリなどです。

2日目 :マニャラ湖 → セレンゲティ湖。

朝食を食べ、お弁当を持って、ロッジを出て、ンゴロンゴロ保全地域を経由して、セレンゲティ国立公園に行きます。道路は非常に荒れているため、205kmの道を、4-5時間かけて移動します。野生動物の観察後、セロネラ・パブリック・キャンプ場/セレンゲティ・カティカティ・テンティッド・キャンプで夕食をとり、一泊します。よく見られる動物は、ヌー、キリン、シマウマ、ゾウ、ライオン、カバ、ヒョウ、チーター、エランド、イボイノシシ、ハイエナ、バッファロー、ブルーモンキー、ベルベットモンキー、ヒヒ、様々な鳥類です。

3日目:セレンゲティから、ンゴロンゴロ・クレーターへ

朝食前、早朝の野生動物の観察。晴れた日には、無限の平原から昇る、日の出が見られます。夜行性の動物が巣穴に戻る姿も見られるでしょう。朝食後、公園を出てンゴロンゴロクレーターの縁にあるシンバパブリックキャンプサイト/ンゴロンゴロソパロッジへ向かう途中、最後の野生動物観察に行きます(175km、4-5時間)。

4日目:ンゴロンゴロ・クレーター → モシ。

朝食の後、お弁当をもって、高さ600mのクレーターの壁を、クレーターの床まで下ります。クレーターには一年中、午後遅くまで十分な牧草地と水があるので、25000を超える野生動物が生息しています。クレーターを登り、モシの町に戻ります(250km、5時間)。サファリの終わりクレーターで見られる一般的な動物は、クロサイ、ヌー、シマウマ、ゾウ、ライオン、チーター、イボイノシシ、カバ、ハイエナ、バッファロー、ブルーモンキー、ベルベットモンキー、ヒヒ、および最も重い飛ぶ鳥(コリバスタード)を含むいくつかの種の鳥です。

4日間のサファリ – マニヤラ湖、セレンゲティ&ンゴロンゴロクレーター(1人あたり)
1人2人3-4人5-6人7人
キャンプ価格1900 USD1200 USD1120 USD1040 USD920 USD
ロッジ価格2200 USD1360 USD1280 USD1200 USD1050 USD

含まれるサービス

  1. ポップアップ屋根付きの快適なサファリ車
  2. サファリ中、1日3回の食事(朝食、昼食、夕食)
  3. サファリ全体で飲料水
  4. 野生動物に関する幅広い知識を持つ英語を話すドライバー兼ガイド
  5. ドライバーとシェフのチップ
  6. サファリの前後にモシで一泊
  7. サファリ全体のキャンプ/ロッジ宿泊。
  8. 公園へのすべての入場料

含まれていないもの

  1. アルコールとソフトドリンク
  2. フライトとビザ
  3. 旅行保険
>