「旅したい!」と思ったら、アフリカの縮図、タンザニアにおこしください。多様な生物、謎めいた風景、魅惑的な文化、素晴らしいホスピタリティまで、この土地は探検し、学び、吸収する無限の機会を提供します。その中でも、セレンゲティ国立公園とンゴロンゴロ保全地域は、不可欠ですです。ユネスコの生物圏保護区で、年間を通して、旅行者がいつも来る、人気の観光地です。

セレンゲティ国立公園:

セレンゲティ国立公園(SNP)は、東アフリカの大部分を占めるセレンゲティエコシステムの一部です。保護区の14,750,00平方メートルに広がる国立公園は、タンザニアの北西に位置し、マサイマラ国立保護区に面しています。全体のエリアは、森林、森林、草原、河川で覆われており、それぞれがユニークな地理、動植物によって定義されています。自然主義者、鳥類愛好家、または冒険の探求者であるかどうかにかかわらず、セレンゲティ国立公園は最高の場所です。

  • 平野:セレンゲティ平野は、広大な樹木のない土地です。セレンゲティとンゴロンゴロのサファリパッケージで、自然の生息地で野生生物のスペクトルを目撃してください。ヌー、ハーテビースト、ウォーターバック、ガゼル、インパラ、バッファロー、シマウマ、その他の有蹄動物に出会う可能性があります。平野は、捕食者やパイソンにとっても有利な場所です。
  • 河川:グルメティ川が平原を堂々と切り裂いて流れるので、両岸にナイルのワニ、カバ、オオワシなどの種を垣間見ることができます。まさに一生に一度の経験です。
  • 森林:森に足を踏み入れると、輝かしいパノラマの景色を楽しめます。7月と8月にセレンゲティとンゴロンゴロのサファリパッケージを計画する場合、キリン、ゾウ、ディクディクを目撃するでしょう。

ンゴロンゴロ保全地域:

830,000平方メートルに広がるンゴロンゴロ保全地域は、タンザニアが提供する最高の自然です。1959年に複数の土地利用地域に指定され、1979年にユネスコの世界遺産に指定されたンゴロンゴロは、広大な平野、渓谷、森林、森林、3つの火山クレーターによって定義されています。ンゴロンゴロクレーターサファリツアーに参加して、壊れた、改ざんされた、または浸水したことのない世界最大のカルデラである、ンゴロンゴロクレーターの素晴らしく複雑さと壮大さに魅了されてください。

人間、牛、野生生物が調和して共存する世界で唯一の場所です。ンゴロンゴロクレーターサファリツアーでは、まだ半遊牧生活を送っているマサイ族のユニークで不変の生活を体験できます。また、ガゼル、ヌー、シマウマ、そして捕食動物との自然の生息地でのランデブーも目撃できます。

セレンゲティとンゴロンゴロのツアーパッケージ:

7日間のセレンゲティおよびンゴロンゴロツアーパッケージは、生物圏保護区の光景、音、匂いを最大限に体験できmす。ツアーの初日はモシから始まり、マニヤラ国立公園に向かいます。ここでは、野生動物の干渉とピクニック昼食をお楽しみいただけます。次に、ツアーはナトロン湖に行き、一晩滞在し、断崖、滝、渓谷、フラミンゴを見ることができます。4日目の次の目的地は、マサイ族の本拠地であるワッソ村です。5日目と6日目に、それぞれセレンゲティ国立公園とンゴロンゴロ自然保護区に移動し、最後の日はンゴロンゴロクレーターで過ごします。

旅程

1日目:モシ – マンヤラ湖。

朝食後、モシのホテルを出発し、マニヤラ湖国立公園(206km、4時間)に向かい、夜遅くまで車で移動します。公園を出て、公園の外のFanaka Lodgeに車で行き、夕食と一晩を過ごします。キリン、シマウマ、ゾウ、木登りライオン、ヒョウ、チーター、イボイノシシ、ハイエナ、カバ、バッファロー、ブルーモンキー、ヒヒ、フラミンゴ、ペリカン、コウノトリなど、湖に生息する様々な鳥をご覧になれます。

2日目:マニヤラ湖からナトロン湖

早めの朝食の後、ナトロン湖に向かいます。ここでは、ハズベ族と時間を過ごします。この種族は弓矢で狩りをすることに依存しており、石器時代の先祖のように生きています。湖もあります。これはアルーシャ地方の塩辛い湖またはソーダ湖です。また、湖には何千ものフラミンゴが生息しています。

テントで夕食と一泊。

3日目:ナトロン湖 → セレンゲティ国立公園

朝食後の早朝に、ンゴロンゴロ自然保護区を経由して、ピクニック昼食とともにセレンゲティ国立公園に向かいます。セレンゲティ国立公園のカチカチキャンプで、夕食をとり、泊まります。よく見られる動物は、ヌー、キリン、シマウマ、ゾウ、ライオン、カバ、ヒョウ、チーター、エランド、イボイノシシ、ハイエナ、バッファロー、ブルーモンキー、ベルベットモンキー、ヒヒ、およびいくつかの種の鳥です。

4日目:終日、セレンゲティ国立公園

セレンゲティ国立公園はとても大きいので、1日過ごします。公園を最大限に探索し、夕食をとり、同じテントキャンプ(Tortilis tented camp)で一晩過ごします。

5日目:セレンゲティ → ンゴロンゴロ

朝食前に移動します。晴れた日には、無限の平原から昇る、日の出が見られます。夜行性の動物が巣穴に戻る姿も見られるでしょう。朝食後は、ンゴロンゴロ・クレーターの縁にあるンゴロンゴロ ライノロッジに車で向かいます。移動は、175km、4時間から5時間です。夕焼けの時間にクレーターを見ます。

6日目:ンゴロンゴロクレーター

朝食の後、お弁当をもって、高さ600mのクレーターの壁を、クレーターの床まで下ります。クレーターには一年中、午後遅くまで十分な牧草地と水があるので、25000を超える野生動物が生息しています。クレーターを見終えたら、Fanaka Lodgeで、夕食をとり、一泊します。クレーターで見られる一般的な動物は、クロサイ、ヌー、シマウマ、ゾウ、ライオン、チーター、イボイノシシ、カバ、ハイエナ、バッファロー、ブルーモンキー、ベルベットモンキー、ヒヒ、および最も重い飛ぶ鳥(コリバスタード)を含むいくつかの種の鳥です。{Meal plan: B & L}

7日目:タランガー国立公園 → モシ

朝食後、お弁当を持ってホテルを出て、動物を見るためにタランガー国立公園に向かい、夕方にはモシまでドライブし、夕食を撮ります。この公園でよく見られる動物は、象、チーター、ヌー、イランド、シマウマ、ライオン、ヒョウ、キリン、ツリークライミングパイソン、および多くの鳥類です。この公園はまた、もっとも長寿な樹木の一つ、巨大なバオバブの木がたくさんあります。

7日間のサファリ(マニヤラ湖、ナトロン湖、セレンゲティ国立公園、ンゴロンゴロ・クレーター、タランガー国立公園

(一人当たり)

1人2人3人4人5人6人7人
2300 USD1960 USD1750 USD1750 USD1540 USD1540 USD1400 USD

含まれるサービス

  1. ポップアップ屋根付きの快適なサファリ車
  2. サファリ中、1日3回の食事(朝食、昼食、夕食)
  3. サファリ全体で飲料水
  4. 野生動物に関する幅広い知識を持つ英語を話すドライバー兼ガイド
  5. ドライバーとシェフのチップ
  6. サファリの前後にモシで一泊
  7. サファリ全体のロッジ/キャンプの宿泊施設

含まれていないもの

  1. アルコールとソフトドリンク
  2. フライトとビザ
  3. 旅行保険
>