アルーシャ国立公園は、タンザニア北部で最も息をのむような美しい景色です。アルーシャ国立公園には、タンザニアで2番目に高い山であるメル山があり、キリン、ケープバッファロー、ゾウ、シマウマ、フラミンゴ、カバなどが生息しています。黒と白のコロブスモンキー、サイクザル、ベルベットモンキーなどの霊長類も、熱帯林に生息しています。オウカンエボシドリなどの貴重な森林鳥も見られます。ガイド付きブッシュウォークもできます。

この公園には3つの異なるゾーンがあります。ングルドトクレーター(しばしば「ミニンゴロンゴロ」と呼ばれる);地下の小川が流れ込む浅いアルカリ性のモメラ湖(5から10月の間に、数千のフラミンゴと多くの渡り鳥が見られます);そして、メル山の密林に覆われた斜面(アフリカで登山する価値のある山の1つであり、他の動物種の中でも、ブルーモンキーと美しい黒と白のコロブスモンキー)。公園の他のアトラクションには、象、キリン、バッファロー、シマウマ、カバ、さまざまなカモシカ、ヒョウ、ハイエナが含まれます。公園は、アルーシャからモシの主要道路沿い21 kmの距離にあります。モシやアルーシャからワンデーサファリするのに最高の立地です。

>