この比較的小さな公園は、5つの異なる植生ゾーンに分けられます:地下水林、湿地とアシの群生地、開いた草原とアカシアの森林です。一日で、象、水牛、シマウマ、カバ、木で休む習慣がある好奇心盛なライオンを見ることができます。グレートリフトバレーの大規模な崖の下に隠れる、325平方kmの面積をカバーするこの公園は、乾いた風景の中にある緑の閃光です。一連の泉が、ブルーモンキー、ヒヒ、好奇心旺盛な銀色のほおのホルンビルが生息する地下水林の緑豊かな植生を支えています。モシ/アルーシャからのワンデーサファリに、ぜひマニヤラ湖国立公園をご検討ください。

>