メル山について

タンザニアで2番目に高い山、4566mのメル山は、姉妹のキリマンジャロ山と同様に、休火山として分類されています。アルーシャ国立公園内にあり、モシ市またはアルーシャ市から車ですぐです。登山は通常4日間の旅程で行われますが、3日間でもできます。余分な日は下山に費やすため、高度の調整には役立ちませんが、登山はより快適になります。これは、キリマンジャロ山よりも急な登りであり、高度に合わせやすくなっています。キリマンジャロ山は、トレッキングにもクライミングにも適した山です。山には1つのルートしかありません。シンプルなハットで一泊します。トレッキングの最初の部分は、動物に遭遇する可能性があるため、すべてのトレッカーに武装したパークレンジャーが同行することが、公園の規制で義務付けられています。このトレッキングのパッキングリストは、キリマンジャロ山のものと同じです。

旅程

1日目:モメラ・ゲート → ミリカンバ・ハット(2514m)

トレッキングは、人気の野生動物鑑賞のルートである森林を通り、火口の床に向かってトレイルをたどり、その後、ミリカンバハットまで急に登ります。広く開かれた平野のモメラ門のすぐ後に、バッファローを見られるかもしれません。さらに、印象的なイチジクの木のアーチ、小川、滝があります。ミリカンバハットで一晩。

2日目:ミリカンバハット → サドルハット(3570m)

トレッキングはエレファントリッジまで続き、そこで昼食をとり、火口から山頂下の主要な崖までの壮大な景色を眺めることができます。サドルハットから約1時間で、リトルメルの頂上に到達し、山頂とクレーターの内壁の切り立った崖の、印象的な景色を眺めることができます。サドルハットで一泊します。

3日目:サドルハット → メルサミット(4566m) → ミリカンバハット(2514m)

真夜中頃にサドルハットを出発して、キリマンジャロの日の出の頂上に到着します。この爽快なトレッキングは、クレーターの傾斜した外壁と内壁の切り立った崖の間の狭い尾根をたどります。ミリカンバハットで一泊します。(ガイドおよびグループの裁量でライノポイントに遠足する可能性があります)。

4日目:ミリカンバハット → モメラゲート

短いゆっくりとしたトレッキングがクレーターの床まで続いて、モメラゲートまで進みます。

注意:このトレッキングは、3日間でも可能です。3日目はミリカンバハットで休憩し、その後メインゲートまで歩きます。

>