キリマンジャロ・メル登山の推奨装備と安全対策

キリマンジャロや、メル山を登山する際、必要な推奨装備と安全対策にほとんど違いはありません。以下は、キリマンジャロ登山に必要な装備のリストです。メル山では、日数に応じて数量を減らせます航空会社は近年、荷物に制限を厳しくしているため、リストのアイテムが多すぎると感じた場合、モシやアルーシャで装備をレンタルできます。荷物の到着が遅れると不便では済まないので、時間にはゆとりを持ちましょう。もちろん、私たちはいつでもあなたをサポートします。

必需品

  • ハイキングブーツ:防水性があり、良い感じに足になじんでいる。
  • キャンプ場ではくサンダル
  • 暖かい寝袋:少なくとも定格0°Cまたは32°F
  • 寝マットレス:キャンプルートのみ
  • レインパンツとレインジャケット
  • フリースプルオーバー2枚:薄いのを2枚着る方が、厚いの1枚着るより効果的です。
  • フード付き防風ジャケット
  • 長袖シャツ4枚
  • Tシャツ5枚
  • 防水ゲイター
  • ハイキングポール:1ペア
  • 3組の速乾性パンツ:フルレングスのサイドジッパーパンツが理想的
  • ヒートテックの下着上下
  • チャムスフリースパンツ
  • ストラップ付きサングラス
  • バラクラバの帽子
  • スカーフバンダナ
  • 防水手袋
  • つま先ウォーマーとハンドウォーマー:登頂の日
  • 広いつばの帽子
  • 断熱水筒2リットルまたは3リットル以上(キャメルバックが理想的)
  • 5ペアの暖かい靴下
  • 小さな個人用応急処置キット:切り傷、水ぶくれ、胃のむかつき、日焼け、頭痛
  • ジップロックバッグやその他のビニール袋:濡れた服や物を乾いた状態に保つため
  • 予備バッテリー付きヘッドランプまたは懐中電灯

その他の装備

  • カメラおよび追加のバッテリーとメモリーカード
  • 小さな旅行枕
  • 寝台ライナー
  • トラベルワイプ
  • スイスアーミーナイフ
  • 好きなスナック(高エネルギー)
  • トランプ
  • ポンチョ
  • 読み物
  • 電卓(お金の変換用)
  • 非常用ホイルブランケット
  • 耳栓(ルームメイトのいびきに備えて)
  • 日記とペン
  • 双眼鏡

登山の安全対策

あらゆる運動にはリスクが伴います。登山の障害となる、健康問題がある方は、事前にご連絡ください。また、必ず薬を持参してください。キリマンジャロ山とメル山の登山における最大の健康問題は、高地での酸素が少ないために生じる急性高山病(AMS)です。誰が急性高山病にかかるは、予測できません。トップクラスのアスリートでも、高山病になる可能性はあります。キリマンジャロ・バイキングスのガイドは、急性高山病の診断と対策について、研修を受けています。もちろん、最後まで登りたいという気持ちは尊重しますが、健康が第一です。むしろ、ガイドに耳を傾け、正直になり、不調をガイドに伝えれば、登頂できる可能性が高くなります。キリマンジャロ・バイキングスは、他のツアー会社と比べて、高い登頂率を誇ります。高地では、食欲が減退し、吐き気を催すことがあります。私たちのシェフは、そのため、どの食品が消化しやすく、食欲をそそり、登山に十分なエネルギーを提供できるか学んでいます。グループ内の誰かが続行できない場合、アシスタントガイドが登山者の緊急降下し、グループの他のメンバーを頂上に導きます。キリマンジャロ山とメル山には、緊急事態に対する救助サービスがあります。登山に関して懸念がある場合は、お気軽にお問い合わせください。

>