レモショールートの概要

このルートは、西からキリマンジャロ山に近づきます。シラ高原(大聖堂のピーク)とシラカルデラにも行けます。レモショールートは、快適なハイキングで、シラリッジからシラ2キャンプまで行きます。ルートがマチャメルトに参加するまでは、登山者がほとんどいません。その後、レモショーは、南のサーキットとして知られる溶岩の塔、バランコ、バラフを通り、マチャメルトと同じルートをたどります。このルートに必要な最小日数は7日ですが、8日にすれば、体が順応し、登頂できる可能性が高くなるので、8日間をオススメしています。マチャメのように、景色が綺麗なルートです。レモショーは、コロブスモンキーなどの野生生物が豊富で、さまざまな種類の鳥や、小さなジャッカルが乾季にロンギドから採餌に来る、おすすめのルートです。

1日目:モシからロンドロージのゲートからビッグツリーキャンプ場へ。

標高:1,200 → 1,950 → 2,850 m

距離:9km

ハイキング時間:3-4時間

生息地:山地の森

ホテルからお客様をお迎えし、登録のためにロンドロシゲートまでお送りします。 登録後、再び車両に乗り、レモショーゲートに向かいます。 この時点から、黒と白のコロンブスモンキーで飾られた、手つかずの山岳林を越えて、夕食と一泊するキャンプへのトレッキングを開始します。

2日目:ビッグツリーキャンプ → シラキャンプ

標高(m):2850 → 3500m

距離:13km

ハイキング時間:8時間

生息地:荒れ地とヘザーランド

シラカルデラリム(3600m)の外側にある、美しい渓谷を歩き始めると650mを超えるため、少しずつ体が高度に順応し始めます。数時間後、シラカルデラに到着します。シラは標高の高い砂漠で、キリマンジャロの生態系で噴出した3つのピークの1つです。峰は崩壊し、火口を形成し、最終的には、キボ峰からの溶岩流で満たされました。この峰は、天候と火山活動によって侵食され、吹き飛ばされました。シラとワンキャンプ場、標高3500mで一泊します。

3日目:シラ1キャンプ場からシラ2キャンプ場

標高:3500 → 3800m

距離:7km

ハイキング時間:5-6時間

生息地:荒れ地と岩

この日は、順応のためにシラ高原を渡って東へトレッキングします(大聖堂の頂上3850m)。このピークに達すると、山の壮観な景色が見えます。メルとキボピーク。その後、シラ2キャンプにトレッキングを続け、そこで夕食と宿泊を行います。

4日目:シラ2キャンプ場 → バランコキャンプ場

標高:3800 → 3950m

距離:13km

ハイキング時間:7-8時間

生息地:荒れ地

これは長い高度順応の日です。早めの朝食をとり、順応のために溶岩塔岩4600mにつながるジャンクションまで東へトレッキングします。その後、夕食と一晩のためにバランコのキャンプ場に降ります。

5日目:バランコキャンプ場からカランガキャンプ場

標高:3950 → 3900m

距離:6 km

ハイキング時間:4 ~ 5時間

生息地:荒れ地

この日は、トレッキングが短い日です。午前中は、バランコの壁を登り始め、順応のために4200mに達し、尾根や谷を越えてカランガキャンプ場に向かいます。昼食後は少し休憩し、南の氷原に向かって丘陵をトレッキングし、また体を高度に順応させます。その後、夕食と宿泊のためにキャンプに戻ります。

6日目:カランガキャンプ場 → バラフキャンプ場

標高:3900 → 4620m

距離:8km

ハイキング時間:3-4時間

生息地:アルパイン砂漠

今日、バラフキャンプ場までのトレッキングは標高差があるので困難です。距離が短いため数時間しか歩きませんが、急勾配なので疲労を避けるためにゆっくりとしたペースが歩く必要です。キボ山頂とその氷河から吹く強い冷たい風が吹く高山砂漠を歩きます。標高4620メートルで早めの夕食をとり、その後真夜中まで休憩します。

7日目:バラフハットキャンプ場からウフルピークの頂、ムウェカハットキャンプ場

標高:4620 → 5895 → 3100m

距離:15km

ハイキング時間:10-12時間

生息地:砂漠と氷

深夜に起きて軽い朝食をとり、サミット登山の準備をします。日の出の直前、または直後にウフルピークに到達できるように、夜明け前に登りはじめます。頂上の出発は午前12:00です。急な坂道または場合によっては雪をスイッチバックし、午前4時から5時の間に火口縁のステラポイント(5,861 m / 18,640フィート)に到達します。この時点で、伝説のクレーターとその氷冠を見ることができます。その後、有名な雪の近くにあるキボクレーターの縁に沿って1時間ハイキングした後、キリマンジャロの真のサミットに向かいます。ここでウフルピークは写真を撮るために時間を費やします。サミットアクティビティの後、バラフハットキャンプ場に戻り、昼食、休憩、ギアを収集し、荒地とヒースゾーンを通ってムウェアカハットキャンプ場に向かいます。ムウェカハットキャンプ場で夕食と宿泊。

8日目:ムウェカゲートへのムウェカハットキャンプ場

標高:3100 → 1700m

距離:9km

下山時間:3-4時間

生息地:山地の森

今日は山での最後の日です。朝食後、山地の森を歩いてムウェカゲートまで降ります。この下山には3 ~ 4時間かかります。ゲートでサインアウトして車両に乗車し、証明書とプレゼンテーションのお祝いのためにホテルに戻る準備をします。

レモショールート

(毎日の歩行時間)

テントでの宿泊 時間 km
1 ロンドロージゲート(1950m) → ビッグツリーキャンプ(2850m) 3-4 9km
2 ビッグツリーキャンプ(2850m) → シラキャンプ(3500m) 5-7 13 km
3 シラキャンプ(3500m) → シラキャンプ2(3800m) 5-6 7 km
4 シラキャンプ2(3800m) → ランコキャンプ(3950m) 7-8 13 km
5 バランコキャンプ(3950m) → カランガキャンプ(3900m) 3-4 6 km
6 カランガキャンプ(3900m) → バラフキャンプ(4620m) 3-4 4km
7 バラフキャンプ(4620) → ウフルピーク(5895m) → ムウェカキャンプ(3200m) 10-12 15km
8 ムウェカキャンプ(3200m) → ムウェカゲート(1700m) 3-4 9km

価格/含まれるサービス

キリマンジャロレモショールート7日間(1人あたり)の価格
1人 2人 3-4人 5-6人 7人以上
2250 USD 1950 USD 1850 USD 1780 USD 1750 USD
キリマンジャロレモショールート8日間の料金(1人あたり)
1人 2人 3-4人 5-6人 7人以上
2400 USD 2150 USD 2070 USD 2035 USD 2000 USD

料金に含まれるもの

  1. トレッキング前のモシでの1泊宿泊(ベッド&ブレックファースト)
  2. 到着時および出発日の空港送迎
  3. キリマンジャロ国立公園へのすべての入場料
  4. 登山中は1日3食(朝食、昼食、夕食は毎日)
  5. 登山中の給水
  6. 登山の開始地点まで移動し、最終日に戻る
  7. チーム全体の給与
  8. すべてのキャンプ施設(テント、ダイニングテント、調理施設)
  9. 専用ポータブルトイレ

料金には含まれないもの

  1. アルコールとソフトドリンク
  2. 寝袋
  3. フライト
  4. ビザ手数料
  5. チップ(キリマンジャロ登山の支払額の10%)
  6. 旅行保険
  7. 個人用の登山用具。
>